アトピー性皮膚炎
をよく知ろう

アトピー性皮膚炎とは

アトピーの意味は、場所が不特定という意味で、アトピー性皮膚炎はアレルギー反応によって引き起こされる皮膚の炎症や湿疹を伴う過敏症の一種です。 よくなったり悪くなったりを繰り返しながら経過していきます。とても激しいかゆみのためイライラしたり、気分が滅入ってしまったりといった精神的なストレスが強くなります。アトピー性皮膚炎は幼少期に発症するものがほとんどでしたが、近年は成人になってから発症するケースも増えてきました。

アトピー皮膚炎の原因としてあげられているのは、表皮や肺、腸内、口内などに常在する細菌とアトピーとの関連が解明されつつあります。 また、遺伝子的な要因もあるといわれ、解析によってアレルギーの炎症に関与する遺伝子が集中している遺伝子座が関与していることも明らかになっています。

栄養的な要素では、食事の際、リノール酸の含有量の低い食事を取ることで改善効果があることがわかりました。 環境要因としては、入浴などで皮膚を清潔に保つことや、ナイロンタオルなどで肌を刺激しないように防ぐ、室内や周りを清潔に保ち、温度や湿度においても適度な環境を作らなければなりません。また、衣服などの摩擦を避け、化学物質などにあたらないようにし、頻繁に換気を行うことが大切です。総合的に見ると、体質的なものや生活環境、精神的なストレスが複雑に混ざり合っているということがわかります。 症状や経過などには個人差がとても大きいので、効果を確認しながら治療を行う必要があります。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状は、どの部分にも現れますが、年代によって現れる場所が異なります。乳児期には、頭部に始まって徐々に顔面に及んできます。そのあと、体、手首、足首と下に向かって広がります。幼少児期には、耳の後ろ、耳介・・・

>> 詳細はこちら

アトピー性皮膚炎の合併症

アトピー性皮膚炎の合併症としてあげられるのは、皮膚疾患、感染症、眼科疾患などです。皮膚疾患は、アレルギー反応が強い箇所を中心として、慢性化した結節を伴った結節性痒疹を生じることがあります。アトピー性皮膚炎の人は皮膚が弱い・・・

>> 詳細はこちら